投稿

9月, 2015の投稿を表示しています

ヨーガクラスに赤ちゃん先生がやってきた!

イメージ
わが袖に ふと現れし  秋の蝶



最後の白金高輪に到着。
いいお天気!
境内には、変わらずネコがくつろぐ光景が見られた。
いつも、彼らに睨まれながらお寺の中に入ってたなぁ。
和尚様を困らせてるネコたち。
微妙な距離をとってパシャっ‼︎






フィナーレにふさわしいお客様が湘南から来てくれましたよ〜。









君がママのお腹にいた時から来てた場所だよ。
覚えてる?













「いいの、いいの、Kamala(後ろのママ)、それが子供のエネルギーだから放っておいて」
と私に言われても、ママはやっぱり気になるよね。
そんなのおかまいなしに、あちこち世話しに歩くKamal。



見て見てこのくったくのない表情!
こういう天使の絵画あったよね。
「ナニしてるの〜?」って覗いてる!
私は、Kamalaが母になった表情が見れて嬉しい。





昨夜の12月

Kamalをお腹に抱えて、ヨガTTCの個人指導に湘南から通ってくれたKamala。

教室に、Kamalを連れてやって来る夢を実現してくれて、本当にありがとう。





他人事のように観察してるし…(^_^)



あら、
ちょっと飽きたのね(^_^;)
Kamal〜〜
オッさんだよー?
(−_−#)

白金高輪終了しました‼︎

イメージ
白金高輪の最終ヨガクラスに
なんと!


赤ちゃんがやって来てくれましたー。
って、赤ちゃんが一人で来たのじゃないのよ。
ママに連れて来てもらいました。


まだまだ書き足りません(>_<)
でも、今日のうちにこれだけはアップしたかったので。

『おかげ様で、白金高輪は無事に終了を迎えさせていただきました』

皆様を代表して、最後に一礼してドアを閉めてまいりました。


どうもありがとうございました。
まずはご報告まで。
2015年9月30日

「女性の私に愛と信頼、感謝のピンクリボンを結んで下さい」

イメージ
私は、
人生の道のりを歩むことこそが
最高に良いことをもたらすと
信じてる。


人生にどんな種をまくかどう刈るかもこの私。

ここで私は、あらゆる経験を「チャンス」に転換することを身につけた。
逆境の乗り越え方がわかった。
そして、
それは人々が言うところの「逆境」ではないということも。
どんな場所にいても、自分の意志と生き方で人生を美しく豊かにしていくすべを身につけた。



ヨガ業界とは別の視点からヨガに携わってきた39歳から47歳までのこの8年間。
私をより個性化した女性に育て上げたことだろうと思う。
私はこれまでのすべての過去に今心から感謝しています。












この道のりの間には、守りとおしてきたスーパーロングをバッサリ切る経験もした。
何をするにもいさぎよい私だ。





いつしかここは、女性たちの心のとまり木になっていった。






彼女たちは知る。
自らに宿る美と知性、崇高さを。
そして、母なる大地の懐が我が身に宿ることを。
人間の私たちの喜びは
大地にこそあることを。


さとりなど目指すものではない。
溺れるだけ。
安心してリラックス。
それは死とともに訪れるのだから。
だから、今は地の上を生きるんだ。
死とともにこの目は閉じられるのだから。
目を開けて今を生きよう。

私は、今目を開けてこの美しい地上を美しく感動的に生きる。
私は、この地球の花を蝶を、水の美しさを人間の心で経験していこう。
そして、機が熟したら悔いなく人間のカラダから出ていこう。
目を閉じて一人マントラを唱えるかわりに、愛の日本語を人と関わり語り生きていこう。








いつしか私は、
魂・生き方・人生・智慧
そういうことを語るようになった。







お腹に赤ちゃんがいる生徒さんと3人の講座。

森は自分を映すカガミ

イメージ
今日の午後
気が向く方向へ歩いて行った。
そうしたら、知らない森に着いた。


森には森の社会がある。
蜘蛛が、繊細なレースを編み上げて、展覧会を開いてた。
真ん中で、見るひとを出迎えてたよ。
食べちゃうのにー!



蚊は私の腕を食べたそうだった。
あげたいけど、あげない。
ごめんね。
食べたい?
なら、私に気づかれないように食べて。
そして、食べたらすぐ飛んで行って。

大きな黒い蝶々が、ナナメ前からユラユラ飛んできた。
私の目の前をユラユラとおり過ぎていった。
蝶々は私のこと、どう思ったんだろう?


この世界は、姿形が違うものどうしが暮らしてるんだ。
子供の頃に見た絵本の中みたい。
鬼もいれば、小人もいてね。
あ、そうか。
私の心の中がそういう世界なんだ。
人によって森の見方はいろいろあるね。
心が森を見るから。
だから、
周りや人の意見に流されそうになったり
他人を優先してしまって自分を隠したりしちゃったとき
森を通して心の中をのぞくと
手つかずの自分がいる。
美しく自信があり、神聖な自分が見える。
本当の自分を見て?
きっと好きになれるから。

心の中がどうなってる?
森が気づかせてくれる。





森といえば・・・
私の中ではアマールカかなぁ。
切り株の上で髪をとかしているのよ。
なんてチャーミングなんでしょう!
あぁ
アマールカになりたい。

自己イメージ「私はすでに幸せです」

イメージ
「幸せになるために」何かをする。

「幸せではない」ことを認めてしまう事になります。
だから、
少し視点を変えてみる。




「もうすでに幸せである」ことに気づくことが幸せです。

これ、よく聞きますよね。

でも、これ本当なんです。




自己イメージは大切。

「私は幸せな人」という自己イメージを持っている人。

「私は幸せになりたい人」という自己イメージを持っている人。

この二つの言葉、どう感じる?



リラックスしましょう。
色々なことに気づきます。
見え始めてきます。



そして、もう一つ。

女性としての自己イメージ。

女性性を壮大にとらえられたら。

「女性は地球の懐」
「女性は喜びの存在」
喜びの存在だから私は笑顔。
喜びの存在だからあなたへ感謝を。
地球に根ざし地に足をつけて生きよう。
この瑠璃色の星地球は喜びの星。
何んでも生み出す星。
そこに生きてるから。

「だから、私はすでにぜんぶ持っている」

そう自分が見えたら、なんだか素敵でしょう。

乳癌から女性を守る祈りの言葉~カラダに母なる大地の懐を取り戻すために~

イメージ
地球の女性は、

乳がん、子宮がんという病に

これ以上

恐怖というエネルギーを注いではなりません。

どうかあなたの感情に

注意をはらって下さい。




病気は、怖れと怒りの波動が物質化したものです。

病気の波動には対極の波動を送って下さい。

怒りの波動には愛を。

怖れの波動にも愛を。



愛の治療法を学び実践して下さい。

リラックスして、

胸と乳房を開いて

骨盤を上げて下さい。

カラダを

宇宙の愛を受け取る器に戻して下さい。



女性には女性のカラダがあります。

カラダの使い方に

もっと注意を払って下さい。



あなたの細胞に

愛の波動を刻印して下さい。

そのために祈りましょう。



地球の女性たちよ

怒りのエネルギーを

母性を基盤にした力強い愛に変換するのです。

病気と闘う姿勢より

愛を学びなさい。

受け入れることを学び
そうできるようになるのです。


そして、

女性の愛を基盤としたパワーを集め

声をそろえて祈るのです。

一人、また一人、

大勢で祈りなさい。

その波動こそが

地球に蔓延した病気の波動に

治癒を送ることになるのです。


あなたにできることを

今。




祈り


母なる大地の懐に 我ら人の子の喜びはある

大地を愛せよ 大地に生きる

人の子ら 人の子
その立つ土に感謝せよ




平和な大地を 静かな大地を
大地を誉めよ 頌(たた)えよ 土を

恩寵の豊かな 豊かな 大地 

頌えよ 頌えよ 土を
母なる大地を 母なる大地を
頌えよ 誉めよ 頌えよ 土を

母なる大地を  
頌えよ大地を 


10月25日、「魔女の塾」にて女性の心とカラダの健康セミナーを開催します。
アーユルヴェーダ、東洋医学が説く病気の仕組み。

この理論を知ることによって
自分の心とカラダと協調して生きる生き方がわかります。

病気を引き起こさない生き方を
理解することができます。



そして、

健康的な人間らしい生き方とは何かを知ることで、

生き方を改め直していくことができます。


健康的な生き方に変えていくためには

今まで知らなかった新しい確かな知識が必要です。

自然医学の世界観を

一般の方にわかりやすくお伝えしていきます。

一緒に学びましょう。



当日は、前述の歌詞を祈りにして参加者全員で唱え
愛の波動を生み出していきます。
あなたのカラダに入れてお帰り下さい。


女性の心とカラダ健康セミナー 10・25 SUN 13:30pm

魂から歌う月夜の歌姫

イメージ
落ち込んで 心底うんざりした時
困難に見舞われ 心に重荷を抱えた時
私はここでただ静かに待つの










あなたが来て そっと寄り添って あなたが励ましてくれるから
山の頂にも立てる あなたが励ましてくれるから
荒ぶる海も渡っていける









私は強くなれるのよ あなたの支えがあれば
あなたが励ましてくれるから 









私以上の私になれる






9月27日
ヨガ教室を終えて生徒さんたちと
私たちのヨガフレンズである
ソプラノ歌手中村とも子さんと、ピアニストYoshieさんのコンサートへ行ってきました!


マイクを通さないとも子さんのソプラノの響きに、
一同、魂から感動して奮える体験をしました。



神の音楽の道具として
全身全霊を捧げていらっしゃる女性の姿。


あぁ、自分に宿る資質を表現して生きることは
なんて素晴らしいのだろう。

そう誰もが憧れることではある
けれど、
その裏面にある心とカラダの痛みも苦しみも
憧れているだけではわからないことが
たくさん、たくさんあるのだと思います。
それらを超えた女性の歌は、
同じ女性の子宮をも開くほど愛の波動を放っていました。


ラストに歌って下さった
You raise me up

昨年1~2年、心身ともに大変だったと
そっと語って下さったとも子さん。
そんなとも子さんに再起の力を与えてくれたその歌は
魂を揺さぶられました。


芸能人の演出されまくった歌とは違う。


人生をかけて歌っている人の歌は、
ソウルが違う。
だから、よけいなスポットライトはいらない。
なぜなら、魂が輝いているから。


だから、こんなにも感動して涙が出るんだ。
私たち(とくに私(^^ゞ は、みんな泣いた。
魂から泣いた。
次は、あなたにも聞いて経験してほしい。


とも子さんという女性の歌姫の声から、
自分の眠っていた想いを揺さぶられ、

幸せを呼ぶ香りのハーモニーブーケをつくりました!

イメージ
数種類の香りの波動を束ねた
香りのハーモニーブーケを作りました!
(ステキ、ステキ〜〜)


ある女性へ贈る花束として。
名づけて「青の歌姫」
リボンは、ハッピーブルーにして。
どうかしら?
素敵なギフトでしょう?
(*^^*)






お贈りする方は、
泣かれても元気になると、
コロコロと少女のようにお笑いになる大人の女性。


少々のような無垢さの中に、一つのことを守りぬいて生きる強さ。


芸術に生き、自らを楽器として
神に奉納するように歌い奏でる女性。



神とつながり、平和のために歌うその謙虚さから出る波動を
私は香りで生み出します。


香水は、情報が含まれた波動水。
美しい香りには、美しい波動が宿るもの。

私は、精油どうしの波動をリーディングして、美しいハーモニーをつくります。


合成の香水は、香りが生きていないから、
プラスチックのような匂いがします。
合成の香水を放つ女性と地下鉄駅構内などですれ違うと、
いつも重たさを感じます。






さぁ!
仕上げにピンクのサシェでそっとおくるみして。


生花もよいけれど、
たまには、
こんな香りの花束も素敵でしょう?



あなたも、香りのハーモニーブーケを、ご自分で作れるようになりませんか?



私は自分自身では、波動水と呼んでいます。
香水は、水という言葉からできているとおり、情報(波動)が含まれた水です。
私は作る時、いつも愛の波動をハーモナイズします。
だからかな?
私が作る香りに、女性の皆さんは、うわぁ〜って、

お花のブーケを目の前に差し出されたような反応をして下さるの。
こちらまで、ウキウキします!

皆さんにも、この美しい水の世界を、ご自分で生み出せるようにレッスンにしました!

はじめてのレッスンで、香りの調和の生み出し方のコツをお教えします。
好き放題に香りを混ぜているわけではないのです(^_^;)
なので、レッスンで覚えていきましょう。

セカンドレッスンでは、いよいよ波動の世界です。
波動を束ねて一つのハーモニーにしていくコツをレッスンします。


まずは、ファーストレッスンから!
スピリチャルに偏見を抱いてる方は、きっと新しい目が開かれます。
だって、
スピリチャルは上がれば上がるほど、美しい芸術の世界なんですよ。
美しいスピリチャルな芸術の世界へご案内します。
はじめてみませんか?