投稿

12月, 2015の投稿を表示しています

ナーダヨーガ、音楽とマントラの祈り

イメージ
2015年12月27日。
音のヨーガ
ナーダヨーガのイベントを開催致しました。

当日はお天気でしたが、冷たい風が吹いていました。
遠方からお越し下さいました皆様、
本当にありがとうございました。






アカペラでクラシックの歌を歌って下さるエステーラさん。

音のヨーガは、いつものポーズではなく
音楽で心の動きを静めていきます。
皆様、エステーラさんの抑揚たっぷりの歌に魅了されていきました。




エステーラさんと、ピアニストの佳枝yoshieさんに
ヨーガの生徒さんたちから花束が贈られました。
会場に惜しみない拍手が鳴り響きました。








第二部は、マントラヨーガを開催しました。





奥出雲の仁多水に
皆様が唱えられたマントラを投影させました。
願いを叶える仁多水。
この日は、11種類のマントラをチャンティングしました。



















仁多水のスタッフさん、美和さんとの再会シーン。
あのパルコの自然食品店で行なわれていた仁多水の試飲の日が

Divine Mother〜ヨーガと祈るために生まれて

イメージ
12月27日、
Kalyanaと一緒に
祈りのマントラをチャンティングしました。


Kalyanaは、
南インドで野菜として生まれました。
時を経て貴女は進化しました。
そして、南インドの古典楽器
タンブーラに変身をとげました。
さなぎが蝶になったように美しく、
人の心を魅了する姿と音色になりました。


貴女が野菜のままだったら
こんなに多くの方に
綺麗、美しいって言ってもらえた?


貴女が、土の中の日陰の人生を受け入れ

地上でありのままの姿になったからこそ
美しく力を発揮するようになったのでしょう。



それでも貴女は
ひとつも有頂天にならない。
その姿がより貴女を美しく魅せています。



人間の魂は
肉体を通して人生を体験しながら進化していきます。
人間の人生には、
日陰も明るみも両方交互にあるもの。
だから、心は揺れ動きます。
日陰の時は落ち込み
明るみの時は喜び
その間を行ったり来たりしなければなりません。

ナーダ・ヨーガで行う31人のマントラ・チャンティング

イメージ
船橋にある
私のヨーガ教室を訪れた方は
目にして下さっていると思います。
あの不思議な楽器。
あれは、インドの古典楽器。
タンブーラと言います。
南インドから飛行機に乗ってはるばるやって来ました。
私のために作られたタンブーラです。



マントラを伝授して下さった先生の先生(南インドにご在住)曰く、
こんな美しいタンブーラは
見たことがないと言われて
日本にやって来ました。
先生に、サンスクリット語で
Kalyanaと名前を付けて頂きました。
美しいひと。

Kalyanaはタンブーラになる前は
冬瓜のような野菜でした。

それが、進化して
楽器に変身しました。

明日のナーダ・ヨーガのイベントに
私と一緒にKalyanaも行きます。


彼女は日本に来て、
こうなる運命の種を持って育った冬瓜だったのね。





明日、27日のナーダ・ヨーガでは、
エステーラさんの歌と佳枝さんのピアノに瞑想し

その心で、
31人皆んなでマントラをチャンティングします。

このエネルギーを宇宙に放っていきたいと思います。








神の水に祈りの言霊を

イメージ
ある時ふと

「水、波動、結晶」というキーワードをキャッチしました。

そういえば…
水の結晶が写真集になって一頃話題になったなぁと思い出しました。


その本を読みたいな〜見たいな〜と思っていると、
なんと教室にいらした生徒さんが
「今読んでいるんです」って、
目の前で手に持っているではありませんか⁉︎


早速その本を貸して頂き、そちらを機に
この著者の他の本も図書館で借りて読みました。
中でもこの記事が気になりました。
祈祷で水の波動が変わるというのです。
こちらのブログ記事をご紹介させて頂きます。


奇遇にも、来る12月27日のナーダヨーガ
奥出雲の仁多水が登場します。
なぜ奥出雲の水が?
不思議ですね。


当日は、ご参加者全員でマントラをチャンティングします。
この日のヨーガは、ナーダヨーガです。
皆様ご存じのヨーガのクラスを、
ポーズは行わずマントラで再現します。


皆でチャンティングしたマントラの言霊を水に浸します。
その水を、大切にお持ち帰り下さい。
そして、必要な時に大切に飲んで下さい。
お水は、ご参加者皆様に1本プレゼント致します。
もし、他の人にもあげたいなと思われましたら
20本ほど販売致しますので、プレゼントして差し上げて下さい。
病気の方や、人生の転機で苦しんでいる方に
あなたからそっと渡して差し上げて下さい。
病気や死を克服するマントラを唱えていきます。


お水を飲まれる時は、
個人的な願いや幸せだけを思うばかりでなく
自分以外の魂、自然、地球のことも想って下さい。
これは、祈りの原則とも言えるかもしれません。


なぜなら、大きな力であればあるほど
個人的な祈念より
利他的な想いの方に作用します。


え?では、私はどうなるの?
大丈夫ですよ。
結果、自分自身も救われることになります。

40代、この道に人生ささげる女性の生き方

イメージ
12月27日の音のヨーガ
ナーダヨーガ・コンサートに出演して下さるお二人の女性音楽家
エステーラさんとYoshieさんの練習にお邪魔させて頂きました。

伝統的な秩序に守られ、
師あってこそのクラシック音楽の道。
幼少からゆるぎなく歩まれ続けてきた
二人の女性の創造する音の波動は
半端ではございません。
この高い波動。
私に響くヴァイブレーション。
表現に値する言葉が見つからないのです。
当日、
あなたの全身全霊でご体験下さい。


全身全霊で歌い奏でる音楽家のお姿を
私は一人目の当たりにして、
生きる姿を見ていたように思います。
「これしかない」と言い切れるものを持っている女性の生き方。


そんな生き方は、多くの女性たちが憧れます。
その道に生きる喜びも。
しかし、
憧れだけでは歩めないことも
知りました。



私は思いました。
このお二人の演奏家の27日当日のお姿から
生き方を考える、
自分の人生を改めて考えることになる

良縁を結んでくれた不思議なお水の話

イメージ
人と出会うのも 学校に入るのも
仕事に就くのも ものを手にするのも
日々の経験も 全てが”縁結び”
縁結び聖地の”仁多水”で
良縁の運気も高まりますように



本日のブログは、前回のブログからの続きです。
2015年11月6日。
神話の聖地、奥出雲の不思議なお水に私は出会いました。
このお水は、紹介文にあるように、私に良縁を運んでくれました。
その不思議なお水の力について、書いていきます。


私はこの仁多水を飲んだ時、
何とも言えない感覚が内側広がるのを体験しました。
偶然の出会いの様ですが、
実は私はお水との出会いを望んでいました。


私は店頭から離れがたく、いつしか仁多水のスタッフさんと一緒になって、
「このお水、凄いんですよ〜!
普通のお水と違いますから!」
なんて
通り過ぎる人々に声をかけていました。
本当に飲んでほしかったから。


仁多水のスタッフさんから、
仁多水が商品になるまでの人間ドラマを伺ったり、
奥出雲の魅力を伺っているうちに、
私はますますこのお水の魅力に引き込まれていきました。


いつしか仁多水のスタッフMさんと私の話題はヨーガになり、

神降り聖地の水に呼ばれて

イメージ
11月半ばにさしかかったある日の事。

銀行での用事を済ませた私は、このまま帰るのもなぁと思っていた時、
ふとあるお店を思いつきました。

そこへ行くと、店頭にお水の試飲がおいてありました。
期間限定で、お水の紹介がされていました。
お水のスタッフさんはお客様と会話中でしたので、
私は自分で試飲カップに注いでそっと飲んでみました。
それで帰ろうと思っていたからです。




しかし、その思惑はものの見事に打撃されました。
私がそこへ来た理由が、水を口にふくんですぐにわかったからです。
「水に呼ばれた!」






水は、地球の生命です。
水は、受容性、流動性という性質をもち、あらゆる情報を浸透させていきます。
人間の身体の60~70%は水分でできていると言われていますが、
そうであれば、
私たちの身体は単なる肉体ではなく、
情報の宝庫でもあるということです。
どのような情報かと言うと、
これまでの人生の経験、思考、感情、記憶、知識です。

私が、店頭で試飲したお水は、仁多水という名前でした。
「人と出会うのも、ものを手にするのも、日々の経験も全てが縁結び」
このキャッチフレーズを目にした時、これはヨーガだと思いました。
ヨーガは、サンスクリット語でつながる。

仁多水のキャッチフレーズにある

「良縁の運気が高まる」状態を自分に実現していく方法だからです。


ヨーガは、健康も幸せも内側の状態が具現化されたものとしています。
ですから、ヨーガは、自分の内側を整えていくのです。
内側とは、心の状態です。
ヨーガは、心の力が物事を形作っていくととらえています。
思考や感情、意識、プラーナ(生命エネルギー)、チャクラといった
健康状態や人生を構築するこれら内側の要素を整え開発していきます。

つまり、私たちの内側の要素が高まれば高まるほど、
外側もそれに連なるのです。