投稿

2月, 2018の投稿を表示しています

目から鱗が何枚も落ちました

イメージ
寒暖の差が激しい今日この頃。

徳に寒かった日曜日、

静岡県から高校の先生がヨーガに来て下さいました!



先生はなんと、

ドラとロージーが卒業したシェルターにいた

キキ&ララ君たちのお母さん。

猫つながりなのです。

今回で2回目のご訪問でした。


ヨーガのご感想をブログにご紹介いただきました。

ロージーも登場しています!

どうもありがとうございます。



レッスンで得たご自身の気づきを

すぐにシェアして下さり感謝いたします( ´ ▽ ` )ノ




泣き虫せんせいが猫に教えてもらった、自分らしく生きる心の持ちかた

がん終末期の患者様との関わりに苦しんできたからこそのヨーガ

イメージ
3月で3回目を迎える対人援助職のためのヨーガ教室弘前は、

対人援助職の人々が生き生きと働くにはどのようなことが必要なのか。

こうした考えから発足しました。

今日のブログは、

発起人となった弘前市在住の看護師

工藤うみさんのメッセージをご紹介いたします。



うみさんと私との出会いは今から約9年前。

インドから帰国後に開催していた港区のお寺のヨーガ教室でした。

初めてメールをいただいた時に記入されてあったご住所に驚きました。

青森県!?

当時幼稚園生だった2人のお嬢様を連れて、

夜行列車に乗ってヨーガを学びに来られていたうみさん。

その真摯なお姿を私は忘れることはありませんでした。

夢を叶えていく間にある時間や距離

数々の物理的な障害。

それらに心が折れて初心を失ってしまう人は大勢います。

しかし乗り越える人もいます。



ヨーガを学び自らも取り組むことに誠実な方の瞳の輝き。

明確な目的意識のある人は、

話を聞く姿勢が違うことを教えてくれたのもうみさんでした。



対人支援職のストレスも多大にあるであろう中、

ご家庭と子育てとの両立に加えてヨーガの学びを決意されたことは

うみさんの背景にこのような理由があったからこその

エネルギーであったのだろうと今拝察しております。

いつも物腰がやわらかく笑顔でいられることは、

芯のある強さの証しであることも教えてくれました。

今ここに看護師工藤うみさんとの出会いに感謝を込めて・・・







私がヨーガに出会ったのは、

がん終末期の患者様との関わりに苦しんでいた時でした。

死への恐怖や怒りを様々な形で表出される患者様を

為すすべもなく見つめながら、

人間とは一体何なのか、

人間はなぜ生まれなぜ死んでいくのかについて今本気で学ばないと、

自分が壊れてしまうと考えはじめた時でした。

ヨーガ哲学は私のそんな疑問に少しずつ答えをくれました。

同時にヨーガの身体操法や呼吸法、

瞑想を続けていくことで、

心身のコンディションが自然に整い、

哲学の理解も促してくれました。

また、心身が安定していることは、

仕事だけだなく私の生き方全体に良い影響を与えてくれました。

そして再び看取りの現場に立った時、

以前の自分とは全く違う意識の自分がそこにいました。

援助者が穏やかであることが何よりの支援であることにも気づきました。

このような経験から、

老いや病いや死の現場にい…

3月3日弘前のスピリチュアルレッスンお知らせ

イメージ
スピリチュアルレッスン弘前

3月3日(土)18:30〜20:00

泉野多目的コミュニティ施設 和室 >>詳細

テーマ:成長過程における女性性、ヒーリング楽器音の波動と瞑想 

参加費:2,000円


3回目を迎える工藤うみさん主催のスピリチュアルレッスンは、

対人援助職の方を対象にスピリチュアルな知識に接して頂きながら

社会的価値観とスピリチュアルの融合が新たな可能性となることを願い

真面目に取り組んでいます。 

今回は対象枠を限定せずにご参加を募っております。

ぜひこの機会にスピリチュアルレッスンをご体験下さい! 



【男性にもためになる女性性のお話】

女性に限定された内容ではありませんので、

男性の方もご参加頂けます。

私たちが人生を生き抜くには

自分の中の女性性と男性性を統合し、

両極を臨機応変に使いこなせるようになることです。

では、

どのような時にそれらのエネルギーを使い分けたら良いのか?

智慧を共有していきます。





 【音で消える?頭の声】





ヒーリングの為の楽器「ステラライアー」による

432Hzに調弦された天界と意識をつなぐと言われる聖なる音の波動を体感して頂けます。 


頭の中がネガティヴな思考でいっぱい

慢性的痛みに気をとられている

疲れすぎてより覚醒したような状態になっているなど、

意識が身体から浮いた感覚があると

フワフワ地に足がつかない状態になりませんか? 


そのような不安定な状態からグラウンディングさせるために

意識を今ここに、

自分の体に根付かせることが必要です。 

そのためのツールとして、

今回は波動の高い音と呼吸、

瞑想の体験へご案内いたします。 

フワフワした状態で、

単独で瞑想や呼吸法を行うことはあまり勧められていませんが、

指導者が見守る中行えますのでご安心下さい。 


【瞑想はきちんとした指導のもとで】

 一人で見よう見まねで瞑想や呼吸法を行うのと、

ガイドとともに行うのでは全く結果が異なります。

ぜひこの機会に、

正しいやり方による瞑想と呼吸の癒しをご体験下さい。

翌朝の目覚めの質がこれまでと違うことに驚かれる方が続出しています。 

お痛みがある方も、

座法ではなく仰向けに寝転んで瞑想して頂くことも可能です。

その際はお寒くないようにブランケットなどをご用意下さい。 


このような会が初めての方や瞑想が初めての方も…

50歳からの老いじたく人生後半戦のためのヨーガ

イメージ
インドには人間の一生を4つの人生に分けた

アーシュラマ(四住期)という生き方の法則があります。

ですからヨーガも年齢に合わせてコーディネートしていくことが望ましいのです。 

なぜなら50代からの健康管理、人生のとらえ方、

心の整え方、学んでおくべきことは

それ以前の年代とは次元が異なってきます。 

人生のターニングポイントを通過し、

山を下っていく流れの中では

潔く手放していかなければならない境遇に接し、

諦念の心を養わざるを得ない機会が多々訪れます。


 年齢に関係なく健康であれば、

したいことを何でもできるかもしれません。

しかしアーシュラマに沿って人生を考えると、

歳を重ねれば重ねるほど肉体よりもむしろ

精神性を磨く方が重要になってきます。 

若い時は無我夢中の境地を体験します。

がむしゃらに頑張り失敗も経験します。

だからこそ年齢を重ねてそなわるものが内面の智慧なのです。 

精神性、知性、霊性の心、

いわゆるスピリチュアルな側面が引き出されてくるのは

まさに中高年からの年代です。


しかし現代人は生命の法則に逆らうかのように、

いつまでも若く頑張っていようとする、

若い時と同じ状態を保つことを勧める情報社会に

踊らされてはいないでしょうか?

 「もっと動けるようになりたい、

もっと食べられるようになりたい」という頭の考えとは逆な方へ

心も身体も変化しているかもしれないのです。 

この時身体の声を聞く耳を持たず、

我で押し通そうとすると身体に対する執着がとれず

最終的にはこの肉体を手放さなければならない時に

苦しむことになりかねないのです。

ですから心も身体も自然の変化に抗わず、

精神的年齢を引き上げていく重ね方ができるように、

運動のやり方ひとつとっても

身体を通して内側の知性と品格を目覚めさせ、

人格上に引き出す方法に変えていく必要があるのです。


* 3月レッスンのご予約は25日までにお願いいたします。
ご予約をお待ちしております♫


見逃した方必見!!心の解剖学講座東京4月開始クラス募集開始!

イメージ
心の解剖学講座東京4月開始クラス受講生募集いたします!


悩んだ時本を読んだことありませんか?

でも自分一人ではスルーしてしまったり、

目が文字を拾わなくて読み飛ばしてしまったことがあると思います。



実はそここそが今最も心に必要なポイントだったりします!

しかし心というものは天邪鬼。

自分を変えてくれそうなものにほど抵抗を抱き、

スルーしてしまう働きがあるのです。

変わりたいのに変わりたくない?!

なぜでしょう? 



心の解剖学講座では、

心が避けて通りたくなるそこを逃すことなく

自分に落とし込めるように向き合って学んでいきます。

まさに学ぶ心の浄化なのです。 



心のことを知りたい人にとって、

ヨーガ・スートラは必読書。

しかしこの本は難題!

解説者無しでは理解に至らない複雑すぎる内容です。

それでも一生に一度はチャレンジしてみる価値があります。



 ヨーガ・スートラはお経です。

ですから読むと意識が変わります。

理解すると人生がガラっと音を立てて変わります。 



心の解剖学講座は、

女性の柔軟性のある心の観点を生かし

難解な哲学の世界を日常のシーンに当てはめて、

受講生がイメージしやすくわかりやすく面白く解説していきます。 

眠くなるどころか3時間がえ秒に感じられる!と言われるほど

集中できる充実した時間を過ごせる講座です。 


人生に悩んできた方ほど心を知って生きてほしい。

そんな願いから現在は東京と青森県で開講しています。

心の解剖学をホームページで紹介しております。>>ページへ

ヨーガレッスン弘前3月3、4日ご予約受付中

イメージ
月1回開催のヨーガレッスン弘前は、

心の安定と落ち着きをそなえ

精神面からもヨーガを理解しながら瞑想に上達していくことができます。 

年齢、性別は不問。

ヨーガはいつ始めても遅くありません。

正しい呼吸と姿勢を身につけ、

瞑想を生活の一部にしていけるようにご指導しております。 

初めての方、運動経験、柔軟性にも全く関係なくご参加頂けます。










【3月の日程】

3月3日(土)16:30〜18:00

3月4日(日)13:00〜14:30

3月4日(日)15:00〜16:30


参加費 : 4、000円 
     ※ご入金確認後ご予約完了となります。ご了承下さいますようお願い致します。 

持  物: ヨガマット、前回のレッスンでお渡しした紐、動きやすいウェア、
     仰向けになる時のブランケットやバスタオル等。

 会 場: 泉野多目的コミュニティ施設  弘前市大字泉野3-6-2 




【ご予約方法】

 お名前・ご連絡先・メールアドレス・希望日をご明記の上、下記アドレスに送信して下さい。お手続きを案内を致します。

 送信先 info@heartbreathyoga.com 



【キャンセルについて】
 ご予約完了後やむを得ない事由によりキャンセルされる場合メールにてご連絡下さい。 

・ご連絡なしの不参加 → 受講料の100%
・セミナー3日前~当日 → 受講料の100%
・それ以前のキャンセル → お振込手数料を差し引いた金額をご返金致します。 


【その他】
 3月3日18時半から、同会場にて看護師工藤うみさん主催によるスピリチュアルレッスンも開催されます。

 天界の波動を放つステラライアーの音に瞑想する時間もあります。ぜひ、ご参加下さい。





テーマ:成長過程における女性性

参加費:2、000円

ご予約:工藤うみさんまでメールにてご予約下さい。
    whitedwarfstar@icloud.com

4月は、ヨーガレッスン、スピリチュアルレッスンともに12、13日を予定しております。


【お問い合わせ先】
畠山桂子ヨーガレッスン

ヘッダー画像が変わりました

イメージ
ホームページのトップ画面の画像が変わりました。

意味はご覧になる人の心によって異なります。

何をメッセージしているか、

心を自由にして感じていただけたらと思います。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

心の解剖学講座東京スタートしました!

イメージ
小春日和の昨日2月17日。

6名でスタートしました心の解剖学講座。

3時間があっという間だったと皆さま。 

自分だけではなく周りのためにもなるように心を学びます。

互いにより良く進化していくことを支え合えうこのご縁に、

この学びを与えて下さったこれまでの先生方に深く感謝いたします。 

現在、東京チームと弘前チーム合わせて15名の方が

心の解剖学を同時期に学んでいます。

夏までよろしくお願いします。



幸せになるヒントは心に隠されています。

ですからヨーガの聖者は、

心を知れ!まずは心を知り尽くせ!

何もかもはそれからだと言わんばかりなのです。 

心の解剖学を今学んでいる方々は、

・ 会社で立場が上がったので心を知りコントロールしてあらゆる状況に接していけるように。

・ 健康を推進する仕事柄、人に安心感を佇まいからかもし出せるように。

 ・ 体調を患って苦しんだかこそ精神面から健康を考えなければならないことを痛感して。

・ ボディセラピーの仕事に心の理解を備えたい。

など実質的な理由で学んで下さっています。 

星の数ほどある幸せになるための様々なセラピーや方法、グッズ。

その中で心の解剖学は、

心の取り扱い方を根本的なところから

様々な智慧も理解しながら学ぶことができる講座です。 

初回だけでヨーガ・スートラ、般若心経、仏陀の智慧を

一度に学ぶことができます。

ヨガスタジオからお寺へと場所を変えることなく効率よく智慧を学べます。 

智慧はそのまま聞くのではなく、

レモンはレモネードにするから飲みやすくなって満足するように

ライフステージに合わせて解説してもらうことが

智慧を活かして幸せになる秘訣です。


私自身もうそうでしたが、

心は知れば知るほど生きることが楽になります。

ですから、

自分自身に悩んだ人こそ心を学びましょう!

とお伝えしたいと思います。

心の解剖学は心に振り回されて生きてきた方のための心の学びです。





心の解剖学講座弘前スタートしました!

イメージ
2月3日弘前に降り積もった雪を眩しいほどに太陽が照らす中、

総勢9名で漕ぎ出した知恵の舟。

 目指す大海原心の世界。 

ヨーガスートラの心の解説とともに、

堂々巡りだった目の前の視界が広がり

無知に智慧の光が差し込んでくる。 

日頃耳慣れない心の世界は時に思考停止になる。

しかし、

それこそが新しい思考回路を構築し

パターン化された自分に新たな動きが入ってくるとき。 

心の筋肉を鍛えるようなこの講座は、

これまでに感じたことのない体力を使うだけ参加者はグッタリする。

それでも、

心を学び自分をより良く変身させて

残りの人生を精一杯生きていこうとする意志に内側は静かに燃えている。 

心の正体は、

そんな地点に立つ潔い人のもとに明かされるとヨーガは言う。 

これまでの苦悩は、

学ぶ意志へ背中を押す力になっていたカラクリが見える時

どんな人生にも感謝しか表せない。

 感謝は智慧の扉を開く鍵。

初回の講座は自分の中にこの鍵があったことに気づくこと。

 人は大人になって、

やっと心のことを真剣に学ぶのかもしれません。

さて、

明日17日は東京でスタートします。

不安になるから身につけたい!瞑想という生きる力

イメージ
私たちがヨーガのレッスンに取り組むのは、

何も世俗を捨てて山にこもって修行するためではなく

日常のほとんどが頭の声でいっぱいだからです。



中には頭の声がさほど気にならないという人もいます。

「えっ!私はこんなに気になるのにナゼ?!」

私の頭の中だけがネガティブなんじゃないの?

心配になりますよね。



それはどういうことかと言うと、

自分の体に誰か他の人が入っても全く気づかずに、

その人に突き動かされているのと似ています。

ですからヨーガのプラクティスの目的は、

頭の声と自分の意識をしっかり区別できるようになることを目指しています。




ヨーガレッスンのメインテーマは瞑想です。

瞑想は心を一点に集中させることから始めていきます。

とは言え、

好きなようにどこにでも心を留めて良いわけではありません。

テレビを眺めることだけに集中するとか、

好きな食べ物や好きな人のことを考えることに集中するとか。

これも一種の心の集中ですが、

これでは日常の心の使い方と変わりませんね。

日常的な心ではすぐに想像が始まり、

やがてはネガティブな方へ傾倒してしまいます。



ヨーガにおける心の一点集中は、

繊細なものに意識を向けることです。

呼吸のリズムや心臓の鼓動、鼻から出入りする空気。

これらは日常的な粗い心の調子では

意識することに困難を感じます。

気持ちを向けてもすぐに飽きてしまったことがありませんか?

これは日常の心からヨーガの心に切り替わっていないうちに

一点集中を始めてしまうからです。



ですから体を使って(動かして)、

心を繊細なものに向かえるように調整していくのです。

この時の体の使い方は、

もっと動いて汗をかこう!とか

無理をして歯を食いしばってやるとか、

闇雲に次から次にエクササイズしていくやり方とは異なります。




心を一点集中に向けて準備していくための体操なので、

・自分の呼吸に集中する

・ポーズの刺激(心地よい)に集中する

・ポーズの刺激とポーズを外した後の間をとる

・上の空ではなく意識して行う

難しいポーズに挑戦し始めると、

この4つは守れなくなりますね。

「頑張る」という行為はヨーガのレッスンでは厳禁なのです。

ですから難しいポーズに周りを気にしてチャレンジするより

あれこれ色んなポーズをするよりも、

いかにこのルールに沿って進めていけるかの方が大事です。

この原則を守って進めていく…