投稿

Mさんのおひとり様のyoga

イメージ
始めたころを振り返り日記などを読むと、

悩んでいる方向が他をむいていたり過去に向いてたりしていたことに驚きました。

この数ヶ月で学んだことの深さに改めて気づかされました。




個人指導で学んだお一人様のyogaコースも残すところあと一回。

最初の頃の私を思い出しながら現在の私が感じていることを書きとめようと思います。




最初にJuna先生とのカウンセリングで、

講座を受講する目的と実現したいことを決めました。

私は、「視野を広げ心を鍛えヨーガを日々実践したい」と書きました。




書いた時の気持ちを今思い返してみると、

ただただ藁をもつかむ気持ちだったと思います。

言葉にできない。

でも心にある捉えられない不快感。

身体に起こってくる痛み。

過去に起こったことが今でも現実のように思い出す。

それに支配される心・・。

仕事や日常の中でも何かが停滞している感じがしていました。



2018年の1月から毎月一回のペースで先生から指導していただき、

今は11月になりました。

先生と一対一のヨーガレッスン。

アーサナを通して身体に意識を向けます。

身体のどの部分を意識したらいいのか、

どのタイミングで息を吸ったらいいのか、

息のはき方など細かく指導していただきます。

毎回レッスンの後は、

心に静寂と感謝の気持ちで満たされました。

アーサナはポーズを決めたり頑張るものではなく、

自分との対話なんだと気づきました。






身体に意識をむけることで身体も答えてくれる・・。
静かなアーサナで呼吸することが、
心や身体に安心感を与えることに気づきました。  






講義ではヨーガ哲学や心と身体の仕組みについて学んでいきます。

誰かに対してイライラしたり不安になったりすること。

それが心や身体でどのように起きているのか知ることができました。



「知っている」と「理解している」に違いがあるように、

自分に起こっていることをドリルにして

学んだことを日常で実践してみるのはおもしろいと思いました。




最近ふと感じたことがあります。

いつもだったら怒りの感情がでたらそれをどうにかしたくて、

怒ったり違うことをして紛らわしていました。

それが、「怒りがある」。

一瞬のうちに冷静になった私がいました。

一年前の私だったらその怒りに支配されていたでしょう。




人は生きているからこそ喜怒哀楽のいろいろな感情を感じることができます。

自分らしく生きること、食べること

イメージ
栄養のバランスを考えたメニューも凝った珍しい料理、

何かを制限する食事法もいいけれど、

その中に大切なことがあると思いませんか?

自分が幸せかどうかであること。 

頭の中でアレコレ考えるのではなく、

からだの感覚を素直に受けとめながら

自分のからだが食べたいもの、

おいしく感じるものを食べられたらいいですね。

これこそが元気で幸せ、

健康でいられる食育だと思うのです。 

ごはんは毎日のことだから、

そこから心も育まれていることを意識してみませんか?

自分の心に幸せを感じさせてあげることは、

自分自身を丁寧な人に育むレッスンの一つだから。 



毎日のごはんは「おいしい」「幸せ」がキーワード。

そんな食べ物を選べるセンサーが働くように

心をクリーンにしておきましょう。 

イライラしているとイライラを増やす食べ物を選んでいるでしょう?

味覚への欲求と栄養との帳尻は実はイコールなのです。 

食べ物は自分と対峙することと似ています。

からだの声をまっすぐ聞きとって選んだものを味わっていると、

「おいしい」という感性が生まれます。

これを何回も積み重ねていくと自分らしさが生まれ、

本当の自分で過ごす幸せを掴んでいきます。 


自分のからだは他の人と違うから、

世の中にはたくさんのアドバイスがあるけれど鵜呑みにしないことも大切。

「そんな良いアイディアがあるのね!」と

ありがたく受けとったら自分のセンサーにかけてみる。

「今の私にこの方法は合ってる?」 



ヨーガで呼吸をキレイにするからだを整える、自分と向き合う。

それが実は、

何を選んで何を食べるか「自分にいいものを選ぶ目」

そんな感性につながっています。

自分らしさの基本を忘れないでいるためのものなのです。

12月のレッスンスケジュール

イメージ
いつもレッスンをご利用いただき、
誠にありがとうございます! 12月のレッスン受付開始いたしました。
ご予約は11月25日まで。 お月謝は28日までとなります。

12月もどうぞよろしくお願いいたします。




【ヨーガクラス】

 2、16日(日)10時半〜12時

12、26日(水)11時〜12時半



【12月の新月のヨーガ瞑想】

7日(木)11am〜13pm   参加費4、000千円 



【料金のご案内】

1レッスン4名のセミプライベートレッスンです。

ご都合に合わせ、4つのコースからお選び下さい。

コース名レッスン
回数/月月額料金月1レッスンコース1回/月4,000円月2レッスンコース2回/月7,000円月3レッスンコース3回/月10,500円月4レッスンコース4回/月13,000円


【ご予約に関して】  
 ・レッスンのご予約は毎月25日迄、メールでお願い致します。(ライン、SMSは不可) 


【お月謝に関して】  
 ・翌月分を前月にお納め頂きます。毎月10〜28日の間にお納め下さい。

 ・来月1ヶ月間お休みの場合でも、お月謝(最低限4千円)は発生いたします。
  お納め頂いたお月謝は、翌月内まで有効です。
  例:2月お休み → 1月中に翌月分お月謝お支払い → 3月にお越し頂いた際、3月の
    お月謝をお支払い。1月にお納めの2月分のお月謝は、3月末まで有効。


【キャンセルに関して】  

 ・レッスン前日から当日のキャンセルは、お代金を全額ご負担いただきます。

 ・ご予約をキャンセルされる場合、翌月へお振替いたします。但し、毎月のお月謝はお
  納め頂きますのでご了承下さい。   


【その他】  

  ・他会場でのセミナーで受講料が事前振込の場合、お月謝と一緒にお納め下さい。 

【体験レッスン】

 ・1回3、000円


 体験レッスンもお気軽にお問い合わせ下さい。

 個人指導のご予約も開始しております。

 12月もよろしくお願いいたします。

ヨーガレッスンご案内のページへ

苦しいからこそ見える光と強さ、思いやり、

イメージ
おかげさまで弘前で来年開講のセルフケアヨーガ養成講座募集は

定員割れで終了いたしました。

ご検討いただいた皆様へお礼申し上げます。

一瞬で予約枠が埋まったと言っても過言ではありません。

それは「暗闇だからこそ見えてくる自分の光」

この事実に皆様が気づき始めていらっしゃるからです。

それが確かであることは、ヨーガの実践を通してさらに実証されていくでしょう。




 「一番苦しい時こそヨーガに向き合えるように」。

この体力が身につくようにヨーガをお教えしております。

この体力は生涯あなたに真の自信を与えてくれます。

楽な時に娯楽のようにヨーガを行っても、

ヨーガが持つ自分を変えていく効力は体験できません。

「悩んでいる時こそ不調な時こそヨーガに来なさい」。

そのようにお教えしております。


本当のヨーガを知れば人に伝えたくなるのは人間として自然なことです。

こんなに素晴らしいものを自分一人で抱え込んでいられなくなるのです。

良いものを伝える人は必要とされる人間になります。

ぜひ皆様がそう在って下さい。


セルフケアヨーガ養成講座は、

心の解剖学で知った心のメカニズムを

日常でどのように管理して成功の道を歩むかその方法をお教えします。

人生は成功するように構成されています。

ただし!

それには心と身体を上手く運転(コントロール)しなければなりません。

その知識と技術がヨーガなのです。

心の解剖学とセルフケアヨーガ養成講座を通してお教えしております。



 ヨーガ。

この宇宙由来の全人的な健康法をに残していけたら幸いに思います。

人を変えようとするより自分の心を観ることがどれだけ重要なことか

イメージ
なぜ自分は怒っているのか?その理由を知って怒っているでしょうか。

「あの人が私を怒らせるような事をするから」

果たして本当にそうですか? 


心の仕組みを理解していないと怒りを止めることは不可能です。

なぜ怒っているのか、なぜ人に変わって欲しいと望むのか。

その緊張はどこから来るのか?!

自分の心が見えていますか? 


見えていなかったから心に振り回されてきたのです。

ふと浮かんでくる思考や感情がどのようなメカニズムで生まれ、

どのように身体に現れ、

あなたが止められないと思うほどに突き動かすのか?

そんな自動的な働きが人間にはあるのです。

この働きが何かを知らないと私たちはそれに突き動かされる人生になります。

これが生きづらさの理由です。

心の解剖学はここまで掘り下げて解説しています。 


講座は全6回。

1日で終わらない理由は学んでいただくとわかります。

そして初回の受講は自己解釈です。

再受講をお薦めしております。 

さて、

来年1月から青森県弘前市で新規開講が決定いたしました。

しかし弘前で開催させて頂くのは次が最後になります。

これをチャンスと捉えて下さった方に出会えることを楽しみにしています。 

心の解剖学講座概要

気づいてもらえるのを待っていた骨盤

イメージ
セルフケアヨーガ受講も半ば過ぎての体験でした。

講座の中でいつも通りに立ってみた私のポーズから、

骨盤の硬さが姿勢を悪くしていたことがわかりました。


畠山先生が私のポーズを見てくれた時、




「やろうと思った事先延ばしになってしまったり、 なかなか決断ができなかったりしないですか?」 








指摘されたお言葉にズバリと当てはまり!

驚きましたが自覚していました。 

身を任せて畠山先生に呼吸法や身体を整えるための誘導をして頂きました。

すると矯正される前は丸みのなかった私の扁平なお尻が、

矯正された後丸みが出現していました。










上半身もドシッとした重い感覚が普段からあったのですが、

矯正された後は立っていることが楽でした。

そして矯正前に比べて気持ちが楽になった感覚もありました。 




帰宅してから漠然と何かに納得している私がいて、

何に納得し気持ちが楽になっているのか振り返ってみると

過去に思い当たることがありました。 




私は娘を19歳で出産したのですがその時難産でした。

自然分娩で娘も無事でしたがお産経過としては微弱陣痛で、

赤ちゃんが分娩時にうまく回りながら出てこられない状態の回旋異常となり、

助産師さん2人がかりでお腹を押されてやっと生まれてきてくれました。


出産後私は恥骨解離になり二週間歩けず、

ベッド上で寝返りもままならず母乳だけを飲みに来る娘を愛おしく思うと共に

こんな姿にある自分を情けなく感じていた初産でした。



その時の難産原因の1つが扁平仙骨で丸みがある所が平になっていると

レントゲン写真を見せられながら説明された記憶があります。

解剖学的に説明されてもその時の私には意味を理解できませんでした。 

「え~?! 私、仙骨の形が他の人と違うの?!扁平仙?!それ治らないの?!」

医者からは元からのそういう骨格だからどうにもならない事だと言われました。 









そうなんだ・・・治しようがないなら仕方ないかと思い諦めました。

と同時に、

もし次に妊娠出産するとなればまた難産になってしまうのだろうか、、、怖!!

どうしようという不安が出てきました。

2人目の妊娠をした後やっぱり不安になりました。

体重管理を徹底して上の子より小さかったおかげか2人目は安産でしたが、

不安と恐怖がつきまとうあの気持ちは今でも覚えています。 





畠山先生に姿勢1つで見抜かれた身体は医学的に説明されてい…

「自分を生きる」

イメージ
職場で感情が抑えきれなくて涙があふれ出たり口数が減って、

「なんかおかしい、自分じゃないみたい」

そう思って同僚に紹介してもらってメンタルクリニックを受診しました。

受診当日「すぐ休みなさい、職場が合わないんだって」。

適応障害の診断と軽いうつだと言われて病気休暇を頂きました。






当然のように家にこもりがちになりましたが、久しい友人とは連絡が取れました。

その中で以前の職場の友人から

「私の行ってるヨーガに行ってみない?私は合うんだよね」と軽く誘われ、

いくつかうつ病の本を読んで、

適応障害は3か月で復職できる、自分の考え癖を変える事が必要

といった内容にあせりとすっきりしない気持ちを抱えたまま、

誘われるがまま畠山先生のヨーガ指導を受講しました。  





病気休暇前にも、自分が元気がないのは体力がないからだと

フィットネスジムのホットヨガに何度か参加したりしました。

でも他の参加者の方々のようにポーズがスムースに取れず、

スピードについていけないことで情けない気持ちになったり、

筋肉痛が後に残ったりでした。

会費を3か月分まとめて納めているから行かなくちゃと通い3か月経ってやめました。

そして、自分はやはり長続きしない性格なんだなと落ち込みました。  







畠山先生のヨーガは違いました。

自分の呼吸に合わせて動くことで、

落ち着いた少し晴れ晴れしい気持ちになることができたのです。

そして、自分の心の病を何とかしたいという気持ちから

心の解剖学セルフケアヨーガ養成講座を受講することにしました。


















心は道具でしかなく目に見えない心を映し出しているのが身体。

過去や遠い未来に思いをはせるのではなく、

今の自分の感情だけを見つめることに徹すること。



自分を大切にすることを学んでいくと、

これまでの「私が悪いからこうなった」

「どうしてあの人はこうしないんだろう」

「きっとあの人は困っているから助けてあげよう」といった気持ちは

自分を大切にしてあげずに他人の人生を生きていたんだ!

自分が良かれと思ってやってきたことは自分が思っていることであって、

なんておこがましいことを他人にしてきたんだろう。




他人のことを考えすぎて辟易していた自分

自分を大切にできていなかった気づき、

生きるとは自分を大切にすることで皆が自分を大切に思って生きている。

と思うと素直に

相手の意見が違って当然と思えるように…