スピリチュアルペインはその場になってからのケアより今から準備しておくべきこと





終末期患者の人生の意味や罪悪感、死への恐れなど死生観に対する悩みに伴う苦痛のこと。「私の人生は何だったのか」「生きている意味はあるのか」と思い詰めることで、「魂の痛み」とも訳される。コトバンクより 

そうなってしまってから体力気力のない中で観念するように学び知るより、

今のうちにきちんと学び準備しておくこともできます。 

病気の恐怖の中、

痛みに意識を朦朧とされた中で死生観を受け入れることは非常に困難です。

痛みは理解力を低下させます。

深い認識や洞察がともなわないため、

死生観の理解には適さない精神状態なのです。

今あなたが健康ならチャンスです。

死生観を受け入れられるように心を整えて下さい。

心に深い闇がある中に智慧が入ってくると、

拒絶反応を起こしてしまうからです。 

また今健康なうちに瞑想できる心と身体をつくっておいて下さい。

瞑想は目を閉じれば出来るという安易なものではありません。

静寂に入るには心の壁を乗り越えていかなければならないからです。

自分の頭の声にやられているうちは瞑想はできないのです。

心の猛威に負けてしまいその手間で諦めてしまう方が殆どなのですから、

今余裕があるうちにしっかり瞑想を身につけておいて下さい。

それは、

あなたがあなた自身を守り支え導くためです。 

人生において理不尽な運命を突きつけられた時

あなたが様々な助けを求める中、

最後に行き着く手段は瞑想です。

必ずあなたを助ける大きな力になることは、

今はわからなくてもその時になれば必ずわかります。

コメント

このブログの人気の投稿

「人を癒す仕事」やりたくなったら、辞めたくなったら読んで下さい

10月のレッスンスケジュール

感情の浮き沈みが激しい自分が嫌になった時のヨーガ