さて私たちは一体何者なんでしょう? 〜心の解剖学講座の前に〜






そう問いかけるのは、

ハーバードの第一線で活躍する37歳の脳科学者ジル・ボルト・テイラー氏。 

「私たちは器用に動く手と2つの認識的な心を備えた宇宙の生命力です」

 脳を両手に抱えながら

彼女自身の脳卒中を語る姿は「Who am I?」の答えへ

私たちを静かに導いていきます。 


「私たちはこの世界の中でどんな人間でいたいのか、どのようにありたいのか、すべての瞬間瞬間において選ぶ力があります」 

果たしてその選ぶ力が自分の中にどうあるのでしょうか?

どうやってその力を自覚し、

使うことができるのでしょうか? 

「私たちがより多くの時間を右脳にある深い内的平安の回路で生きることを選択すれば、

世界にはもっと平和が広がり、

私たちの地球ももっと平和な場所になると信じています」 

では、どうやってそれを実現できるの?!

ジッと頭で考えてもわからないから学んでいきましょう! 

2月から東京・弘前にて開催「心の解剖学講座」 いずれもご参加枠あと1名様です。 

動画のスピーチを文字でご覧になれます


※2月16日の新月のヨーガ瞑想は、受付終了いたしました。

コメント

このブログの人気の投稿

「人を癒す仕事」やりたくなったら、辞めたくなったら読んで下さい

出会いの季節6月のレッスンスケジュール

感情の浮き沈みが激しい自分が嫌になった時のヨーガ