眠れる心を取り戻すヨーガ






質の良い睡眠とれていますか?

心と身体の幸せと健康のサインは睡眠です。

ところが現代は「寝る」ことができなくて悩んでいる人が、

仕事の悩みと同じくらい多いのです。

社会で生きていると様々な価値観の中を生きていかなければなりません。

時には衝突もあるでしょう。

そうした中で必要なのは無理することではなく、

必要な時に心の力を抜けること。

眠れる心であることです。

眠りに心が関係しているとは考えなかったかもしれません。

「身体が疲れすぎているから眠れない」とよく耳にしますが、

ご自身の眠れない原因を情報から判断するのは正しい判断にはなりません。

眠れない原因は深層部分に問題があるからです。

眠れない方の心と身体を拝察すると、

身体に力が入っている・頭の働きが強い・心が過度に動いている。

このような状態がみられます。

そうした方々がヨーガを行うとすでにレッスンの途中で居眠りされます。

眠れないと言っている方に限って一番よく寝ます。

レッスンが終わっても気づかないケースは少なくありません。

ヨーガは心と身体を呼吸と一緒に調和させて動きます。

日頃これがなされていない方ほど

こうした集中に脳が慣れていないため、

ヨーガを行うと疲れて寝てしまうのです。

心と身体が調和されて動くようになれば、

レッスン中でも眠気に襲われることはなくなります。

ヨーガで眠れたからと言ってそれでやめてしまわず、

必要な時は心の力を自分で抜くことができる眠れる心になることですから

ヨーガを続けることが大事です。

年齢を重ねるともっと眠れなくなる可能性があるからです。


グリーフヨーガセラピーは身体を使った心理カウンセリングです。

男性や頑張る傾向が強い女性などは

カウンセリングを苦手と感じる傾向があるようですが、

カウンセリングは意識化されない思考の絡まりを

他者を通して気づき解く作業です。

しかしグリーフヨーガセラピーを利用すれば、

言語よりも確かな身体の動きが心の内を語って解放してくれます。

眠れなくさせる心と身体の力を抜いてから行う

グリーフヨーガセラピーのリラクゼーションは、

10分間で8時間の睡眠に匹敵するものです。

家で寝ているのとは眠りの質が違います。

その理由が、

家で寝れば寝るほどダルくなりませんか?

グリーフヨーガセラピーを受けた方から(特に個人指導)

「眠剤を使わなくても眠れた」「翌朝の目覚めが違う」「グッスリ眠った感がある」

このようなご感想をよくいただきます。

悪い姿勢を記憶するように眠れないことも心と身体は覚えます。

それが慢性化されないうちに、

「なんだか眠れない」と気づいたらその心のサインを放っておかず

適切に対処して下さい。

 睡眠は健康と幸せのもとです。

質の良い睡眠ができる心と身体の健康をお考えになりたい方へアドバイスしております。

グリーフヨーガセラピーにご興味ある方はこちらで体験できます。
弘前ヨーガ月例会 次回8/26 14:15~

 インテグラルヘルス・ヨーガ教育研究センター

コメント

このブログの人気の投稿

「人を癒す仕事」やりたくなったら、辞めたくなったら読んで下さい

9月のレッスンスケジュール

感情の浮き沈みが激しい自分が嫌になった時のヨーガ