人のために何かをしたい、と悩むあなたへ





今日は東京の青砥でタロットから学ぶ「魂の成長の道」を開催しました。

このカードは魂のバイブルだ!ということは・・・

講座を聞いて下さると驚きとともに分かります。



そんな驚きを経験して下さったご参加者のお1人の方は、

兵庫県から飛行機で駆けつけてくれた女性の方。

なんと看護師さんでした。


実は先月同じ講座を対人援助職の方対象に青森県で開催しました。

今回聞いて下さった方々も対人援助職という奇遇な共通点。

これはもう、

心のこと魂のこと知らないじゃ済まされないよと言うサインではないでしょうか?

なぜなら命の現場だからです。



何のために学びに来て下さったのかお話を伺うと、

医療のあり方に疑問を抱いてらっしゃるようでした。

介護のお仕事もされていて、

周りの人が病んで退職していくことや

人間関係の悩みが尽きない現場であることを教えてくれました。

きっとこの方に限らず同じ疑問やお悩みを抱えた方は

少なくないであろうと思います。



では、そんな現場で自分のやるべき事を果たすにはどうしたら良いか。

サラリーを得るだけの仕事を超えた仕事をしたい人もきっといるはずでしょう。

しかしそれを果たせる可能性が大きく望めない所かもしれないと気づいたら?

そこを出るという事も一つの道です。

でもそこに助けを求めてくる人たちがいます。

その人たちに必要なサポートを自分が果たせるようになるには

どうしたらいいでしょうか?!



その方にもさせていただいたアドバイスをここに記載しておきます。

たまたま〜でもいいからこのブログを見つけて読んで下さいますように。

そのどなたかのために残しておきます。



「人の役に立ちたい癒したい、助けたい」

だからセラピーやヒーリングの手技を習得したい資格を取る。

そうお考えになると思います。



物事には道順があることに気づかなければなりません。

医療の世界で仕事をするためにどうしてこられたか思い出して下さい。

闇雲に手を出しては学ばなかったはずです。

きちんと学校に通って秩序立てて順に学んできませんでしたか?

段階的に知識レベルを高めてこられたと思います。

いきなりエネルギー。

いきなり宇宙。

もっと大事なことを通り越して?!



しかしスピリチュアルの領域にその考えはあまり浸透しておらず、

やりたいことの手技にいきなり入る方が多いのです。




心のこと。

呼吸のこと。

体のこと。

魂のこと。

宇宙のこと。

これらを別々に切りして学んでも、

結局わからず終いになるケースが多いです。

この道を学ぶということはまず、

この道を歩める自分自身を育てなければならないのです。

精神世界の資質を養うのです。

センスがないまま学ぼうとしても、

理解がついてこなかったのではないでしょうか?

そうなると自分が今いる次元のセンス止まりになってしまう。

その可能性があると思いませんか?



私たちに必要なのは、

そのセンスを育ててくれる人に出会うことなのです!

ヨーガには、

「何をやったかではない、誰に出会うかだ」という言葉があります。



私は真剣に探しました。

そのセンスを育ててくれる師を!

ところが現代の学び方はわがままです。

時間がない遠いというだけで挫折してしまいます。

本当にあなたに必要だと思ったら、

物理的なことを超える意志を持って下さい。

この真摯な情熱がないと智慧の扉は開かれません。

精神世界にも様々な次元の扉があります。

そこで迷わないために、

誠実さと真摯さ、謙虚さを必ず備えて進んで下さいね!

精神世界はいつでも一寸先は迷妄の道であることを忘れないで下さい。

瞑想が迷走にならないように堅実にゆっくり、確実に進んで下さいね。



身体と心は複雑で緻密なつながりで構成されています。

「身体と心は繋がっている」その背景を学んぶことを考えて下さい。

ネットで検索するとあふれるばかりの情報が目の前に現れますね。

そこから必要なことを浅はかな自分が順序立てて学ぶのは大変です。

身体と心のつながりは複雑ですから、

なんとかそれを説明してくれる人に必死に探して出会って下さい。

探して下さい。

あなたがわかりやすいようにきちんと理解できるように

順序立てて習って学んで下さいね。

そうした勉強をしてきた方ならば、

必ず手技を超えた質の高いセラピストになれます。



一定の資格取得講座の単位をこなして手技だけをつかむこともあるでしょう。

もしもあなただったらと考えてみて下さい。

身体と心のつながりを網羅していないセラピストに

自分の心をお任せしたいですか?

身体と心はつながっているとこんなにも言われている今の世の中です。

心が原因で身体に不調を抱えられたのでしょう?

それなのにそのつながりを知らない人にお任せできますか?

資格や肩書きだけで相手を信頼していると自分もそう判断されます。

中身を見てもらえる人になりましょう。

自分だったらどんなセラピストに出会いたいか?

それが学ぶべきことです。



私の場合になりますが、

身体と心のつながりを知らないカウンセラーを選択することはありません。

もちろん身体に触れるマッサージもお願いしません。

ヨーガを習うことはまずないでしょう。



そしてまずは自分をしっかり健康的なサポート役に育てて下さい。

不健康で悩みの塊りのまま人様のお身体に触れないこと。

心にはなおさら触れないように。

相手の心も揺れて迷っているのですから。

二人でグラグラになってしまうでしょう?

元気になれば良い集中力が出て質良く学べます。

自分を大切にすることも学んで下さいね。



私が一番お伝えしたいことは

我慢しないで下さいということです。

無理な我慢は必ず糸が切れてある日突然プツンっと切れてしまいます。

そこから鬱になるケースがあるからです。

「耐える」この言葉の本当の意味を知りましょう。

エゴからではない「自分の軸」を持ちましょう。

大変な職業だからこそその仕事に見合う自分に鍛えて下さい。

人の心と命に関わる人は智慧を携えて下さい。

そうして身体と心、魂レベルで智慧を携え

対人援助職の仕事を今世で精一杯果たされて下さい。

あなたの魂の徳が上がりますます高まり輝きますようにお祈りいたします。






















コメント

このブログの人気の投稿

「人を癒す仕事」やりたくなったら、辞めたくなったら読んで下さい

最新版11月のレッスンスケジュール

生きづらさを感じているアースエンジェルたちへ