自然栽培の"りんご百姓"さんからヨーガのご感想をいただきました。




12月3、4日開催した弘前のヨーガセミナー

無事終了いたしました。

道路には雪が積もっていて

青森にいることをしみじみ感じさせられました。

無農薬のりんごを苦労の末に成功させた

奇跡のりんごで有名な木村秋則氏のお弟子さんが

ヨーガセミナーにご参加下さいました。

ヨーガのご感想をここに公開させて頂きます。



『ヨーガの本質に触れる機会を得ました。 

結果、次の朝、宿便みたいなのが出て、

久しぶりに長く眠り、確かに眠ったと実感できる朝を迎えました。 

心とカラダはつながっている。 

カラダの正しい使い方、意識の向け方、

姿勢をコントロールする練習をすることで、

実は、心について学び、正しい心の扱い方ができるようになる。

心が安定し、今、本当に必要な事だけに集中できるようになる。 

受講前までは、

ヨガは、決まったポーズをとることで、体幹を鍛える、

発汗させ代謝を高めることによって、心が落ち着く、健全になる。

といった理解でしたが、

受講後、今まで知りたかった本質に出逢う事が出来ました。

こりゃ、ちょっとワクワクするので、学んでみようと思います。 

今まで、自分のカラダの使い方は、気持ち(心)が先にあり、

カラダが調子良くても悪くてもボロボロでも、

引きずって、引っ張って、ついてこい!という使い方でした。

気持ちさえあれば、

カラダもいずれ強くなり調子も戻る!と考えていました。 

なんでしょう。

畠山先生が説明して下さって実践してみたら、

何故か、昔から、それだよ、

それが知りたかったんだよ、と懐かしい感じと、

これは本質だと理由なく確信できるものがありました。 

畠山先生、工藤さん、自分に、 心から感謝致します。』



ご感想ありがとうございました。

自然栽培とは聞こえが良いかもしれません。

しかし、人間が自然の摂理に抗わず生きることは

あらゆる犠牲が付きまとうことになるのを

私たち一般生活者は知る機会がありません。

決して、美化されたエコライフではないのです。


自然の摂理の中、

厳しい青森の環境で生きる"りんご百姓"さんのヨーガに向き合うお姿から

自然に対して畏怖の念をお持ちの謙虚で真摯なお方であることが

静かににじみ出ていました。

その方がそこにいらしゃるだけで

誰もが何かを言葉なくして正されたような

そんな気持ちだったのではないかと思っています。





コメント

このブログの人気の投稿

「人を癒す仕事」やりたくなったら、辞めたくなったら読んで下さい

9月のレッスンスケジュール

感情の浮き沈みが激しい自分が嫌になった時のヨーガ