12月15日ヨーガセミナー体験談


ヨーガセミナーは内面の世界を学ぶことを通して
自分と向き合うレッスンです。
日頃のヨガマットのレッスンでは得られない
気づきや感動を得られます。
それが生きる力になることを
ご参加下さった女性の皆様が
言葉にして下さいました。





目から鱗が出るほど衝撃的でした。

自分の思考、感情、心の性質はとても複雑で、何年もかけて解決しなければならないと思っていました。

心の本質はとてもシンプル。それに気づくか気づかないかで、生き方まで変わります。これからは、前向きに心を育てることができます。

ヨーガというツールに出会い、智慧をいただけたことに感謝します。M.Kさん

ブログにも書いて下さいました。




昨日はレッスンのあと、時々頭のてっぺんがビリビリくることが数回ありました。昔から、少し変な話ですが、お尻の穴あたりがビリビリ来たことがたびたびあって、精神世界に詳しい友人いわく、ストレスを発散して出しているのだ、とのことでした。

今回もそうなのかはわかりませんが、今回は頭の頂上に感じるものがありました。何かはわかりませんが、よいことのような感じがします。

レッスンでは、心の安定を得たのかどうか、これもまだはっきりわかりませんが、落ち着いた状態を学べたように感じています。

家庭に戻ってからも、私が落ち着いていると、家族も落ち着いてくるような気がしました。自分が周りにも影響しているのですね。 

あと、忙しいと毎日思っていたのですが、やることを選択すればよいと聞き、自分には選択をするという自由があることにも気づきました。

仕事では、やるべきことを速く、正確に行うことを要求されますが、家ではやるべきことを選んで、自分の心に余裕が持てるような範囲でやればよい、ということがわかりました。おかげで少し、イライラが減った気がします。 

昨日の子供のお迎えの時、川沿いを自転車で走っていたら、夕日がとても綺麗で、世の中は素晴らしいものがあるのだと幸せな気持ちになりました。

足るを知る、今の幸せに気づくことができるように、少しはそうなったように感じました。M.Tさん





昨日、葛飾のセミナーに参加させて頂き又新たな発見と感動が沢山ありました。 

私は昔から自分の心を勝手に分析するのが好きで、この心の痛みは何なのか? 心がざわざわするのは? 心が落ち着かないのは? 心が揺れるのは? と、悩んで考えても、当然の事ながら何の知識も智慧も無い私は堂々巡りするばかりです。 そしていつも最後には心がブレない人になりたい。と、思うのです。

しかし先生に、心は<安定>か<不安定>か、その二つ。心はブレて当たり前。 と言われて、今更乍らハッと気が付き、今まであれこれ分析していた私は何だったのか、 一瞬にして目の前が明るくなり、気持ちが楽になりました。

私は個人レッスンも、セミナーもどちらも受講させて頂いております。 個人の場合は中味の濃いレッスンが受けられてとても勉強になりますし、得られるものも多く有難さを実感致します。

しかし、意思の弱い私は時には心が折れそうになる事もあります。 ところが、昨日少人数の5名でのレッスンを受講させて頂いて、5人がそれぞれ環境も違う、背負っている過去も違う、 悩みも違う、それを少人数だからこそ共有出来るその有難さと、仲間がいてくれる心強さを感じました。

それぞれの良いとこ取りを経験させて頂いて、又少し前を向いて元気に生きていけるパワーを頂き、前かがみになっていた悪い姿勢を正す事が出来ました。 先生、一緒に参加させて頂いた皆様に、心から感謝いたします。M.Eさん



私はヨーガというもの自体を経験するのが初めてでしたが、畠山先生のセミナーは、世間にあふれるオシャレストレッチのようなものとは全く一線を画するものでした。

受講者5名の中で初参加なのは私だけでしたが、皆さん他の人の話にもゆっくりと耳を傾けてくださり、自分の話も取り繕わずに自身を言葉にする、とても穏やかで実直な空気を感じました。 

「心の状態は、『安定』か『不安定』しかない。焦りや怒り、痛みなどは、すべて心がどちらの状態かのサインでしかない」 座学でまずこのシンプルな事実を示していただいた際、納得と同時に、『安定』状態を経験したことがほとんどないのでは?とまず思いました。

「揺れ動くこと、定まっていること、どちらもあってこそ心。揺れ動くことをやめるのは人間である以上無理なので、それを止めようとする必要はまるでない」 それに安堵しながらも、安定を知らない(少なくとも覚えていない)状態で、安定に持っていくのは難しいた思うので、その術をこれから学ばせていただければと思います。 

後半の実技の中、目を閉じて「心臓の鼓動に感謝しましょう」と先生の言葉が響いたとき、なんというのか、生まれて初めて自分の心臓が動いてくれていることを実感しました。

これまでたくさん痛めつけてきた、一生懸命あなたが送り出してくれた血を無駄にしたこともあった、でもあなたは頑張って、これまで一度も止まらずに動き続けてくれた。そう感じた瞬間、涙が止まらなくなりました。 自分の体に感謝する、実感を伴った初めての経験でした。 

数時間のうちに様々なことを体験し、帰り道や帰宅後は実は少し放心していた時間があったのですが、その後に自分の心に注意を払えるようになってきたとき、自分に手を合わせることで、不思議と落ち着いて呼吸の音を聞くことが出来ました。

まだ表層的な理解にしか至っていない段階ですが、この穏やかさを自分の中に持ち拠り所に出来るよう、この先を楽しみにしています。W.Nさん





コメント

このブログの人気の投稿

「人を癒す仕事」やりたくなったら、辞めたくなったら読んで下さい

12月のレッスンスケジュール

生きづらさを感じているアースエンジェルたちへ