ハートの力 × 2人

7月24日の夜行バスで目指したのは三沢基地のある三沢駅。

約12時間バスに揺られて着きました。

何回乗っても夜行バスでは眠れません。

降りたら体がフラフラしていました。

それでも優しい気持ちになれるのは

降りたそこの空気が都会とは違って柔らかく、

あたり一面がグリーンの世界。

妖精のようなピュアな彼女が私を待っていてくれたから。

私を待っていてくれた彼女の名前は、Satya。

ピアノ奏者であり、そしてタオライアー奏者の。






Stayaと十和田湖で過ごす約束をしていました。

Stayとハイリッヒ、そして十和と私の4人で。






帰路は新幹線で。

これまで何度もひとりで通ったこの道。

新幹線の中で夢を思い描き続けた。

こうして迎えてくれる人がいて

見送ってくれる人ができるなんて。




Satyaから十和を手渡される。












貴女と私の想念の力が具現化された十和を抱いて

帰ろう。







コメント

このブログの人気の投稿

「人を癒す仕事」やりたくなったら、辞めたくなったら読んで下さい

9月のレッスンスケジュール

感情の浮き沈みが激しい自分が嫌になった時のヨーガ