ちびーずに会いに行く


始まりはこの猫ヨガの1枚でした。

4月28日渋谷。

猫ヨガインストラクターのMikaさんといた私は、

「猫の写真見せて〜」と

Mikaさんのスマホをのぞくうち

ハッと目がとまった猫がいました。

「ナニ⁈ この子!」

尋問のようにMikaさんに問いただしたら、

保護猫シェルターに来たばかりの子だという。

こんな小さな子が…

どうやって外で生きていたんだろう。

この子だけに限らず

まだまだたくさんいる野良猫事情。


渋谷で写真を見てからというもの忘れられず、

頭の中はちびーずでいっぱいに。

この家で一緒に暮らすことも想像したりして。

だんだんリアルになってきた。

なので、

シェルターに会いに行くことにしました。

等々力まで2時間。




いたいた!




鼻をペロペロ

ペロペロしてくれた。




さわると想像つかないくらい

ふんわり柔らかくてあったかい。



 










生まれてまだ1か月だよ。




でもこんなに大きくパ〜ができるんだ!

肉球だってホラ!






ちびーずの愛しい後ろすがた。

 




寝る。

 




寝る。



両手の中がスカスカにあまるくらい小さいちびーず。





じっと見つめ合う。





嬉しい。





すぐ眠りに落ちる。

一緒に暮らしたいなぁ。





コメント

このブログの人気の投稿

「人を癒す仕事」やりたくなったら、辞めたくなったら読んで下さい

8月のレッスンスケジュール

感情の浮き沈みが激しい自分が嫌になった時のヨーガ