森で「神様がくれた呼吸」をしてきました。




6月10日(日)9時。

十和田市にある「コナラの森」でヨガを開催してきました。

どんぐりの森・山楽校様、コナラの森共同主催の

コナラの森オープンデーで開催されたヨガと木登り。




今回のヨガ会場となってくれた13番目の木。





広大な敷地は森の精霊たちの楽園。

ここは私有地のため一般公開されていないため

市内の方でも「えっ?そんな森あったの?!」と

知らない方がたくさんいます。

今秋には、この森にある480本もの木が伐採されます。

太陽光発電のためだそうです。

一部の巨木は残すことに決まったそうですが、

それでも多くの木が切り倒されていく運命にあります。





これから大木になろうと命を燃やしている木の赤ちゃんです。

知らないと雑草だと思って踏んでしまいそうですね。

これから何十年、何百年とかけて

「ありのままの自分」になる木の赤ちゃん。





このオープンデーの目的は一般公開の他にも

赤ちゃんたちの救出作戦でもあります。

敷地内の植物を掘り起こして

新たな土地へ移してあげるのだそうです。

この若葉もこれから大木になるために生まれた赤ちゃんです。











コナラの森のヨガを企画して下さったカンナさん。





どこまでも自由な雰囲気。

ここに来て座ってみてほしいな。





あたり一面の緑が優しいでしょう・・・?







小さな子供が周りを気にせずゴロゴロできる

緊張感のないヨガの時間。

大人に合わせてキッズヨガしなくていいから子供も楽チン。
















みんな思い思いに自然を感じていいんだよね。

ぬいぐるみのタイガーも参加してくれました。






 





 




コナラの森が一般公開されるのは9月の第4土曜日がラスト。

それまでにはもっと沢山の人に

ここでヨガをしてもらおうと皆でイメージして来ました。




ヨガの後は子供たちの木登り体験が行われました。

カンナさん曰く「木の目線になれる」

都会の子供たちにも体験してほしいなと思いました。





大人も必要かもしれませんね。


コメント

このブログの人気の投稿

「人を癒す仕事」やりたくなったら、辞めたくなったら読んで下さい

8月のレッスンスケジュール

感情の浮き沈みが激しい自分が嫌になった時のヨーガ