感謝の心は暮らしに感謝を呼ぶ




私のヨーガのクラスでは、

レッスンの終わりに合掌してマントラを唱えます。



「ありがとう、感謝します」を、心の中で唱えます。




現代人の私たちの生活には、

圧倒的に不満や文句が多すぎると思いませんか?



家電製品で生活全般が便利になったおかげで、

頭であれこれ考える余裕ができたせいか、

他人のことを気にするようになってしまいました。




職場の先輩や同僚、パートナーや家族への不満。

「もっと皆が調和したら、仕事がうまくいくのに」

あぁしてくれたら、こうしてくれたらの言霊が心の中に響きます。




自分一人の目線から見たら、

世の中なんて不調和だらけなものです。

そこに気づかずにいると、

「もっとあぁしたらいいのに」

「こうしたらいいのに」

となってしまいますよね?



年がら年中そんなことを思っている矢先に、

自分の足元を見なさいよーって

転倒するようになっているようです。




そんな時

心と体はつながっているので、

不調和な自分の心を体は支えきれなくなります。

すると、

支えとなる足首や脚に不調を抱えてしまうようです。




プライドの高さは禍いのもと。



そんな怪我のもとの心を洗うように、

ありがとうと感謝のマントラを唱えていきます。



文句を言ってばかりいると、

実際に言わなくても心の中で言霊のように響かせていると、

そんな顔つきにもなってしまうし、

眉間にしわもよっていくし

もっと困ることには、

自分の今の生活に困るようなことがやってきちゃうの!




だから逆の発想をしましょう。

ありがとうと感謝を言葉にしていこう。

「あ〜ありがとう、嬉しいな」

そんな気持ちがたくさん溢れる毎日にしていけるから♪


コメント

このブログの人気の投稿

「人を癒す仕事」やりたくなったら、辞めたくなったら読んで下さい

10月のレッスンスケジュール

感情の浮き沈みが激しい自分が嫌になった時のヨーガ