過去が思い出になる日は必ずくるから「私は明らかに変わってきている」

広い心になりたいな


セラピーヨーガ5セッション目の体験記

レッスンを終えた後のあの、なんともいえない落ち着いた感覚は、

回を重ねるごとにどんどん深められている気がします。



レッスンを始めたときと比べて、呼吸することがとても楽で、

深い呼吸をすることができるようになったと思います。


体の隅々まで酸素が行き渡っているのを感じ、

体が広がるのがわかるようになりました。

まだ私の思考パターン、簡単に思考に支配されることはやめられていません。

でもあきらかに以前とは違います。


余裕が生まれて、

「あ、今あたし頭でぐるぐる考えて体に力が思いっきり入ってる」

そう気づく事ができるようになりました。

その結果、考えるのをやめ、肩の力を抜こうとしますし

呼吸に意識を向けるようになり始めました。




そして今回お話していただいた、自分の中に揺らぐことのない軸を持つということ。

「続けていくうち、こういった心の在り方も気づけば自然と備わっていく、それがヨーガなの。」と先生はおっしゃいました。


毎回のレッスンで生きていく上で重要なヒントをたくさんいただいて、

あ、そっかぁぁ 」といつもすとんと私の中におさまります。



今回のレッスンで、なんとなく自分の内側にほんの少し近づけた気がしています。

何かわかりやすい変化が目にみえてあるわけじゃないですが、

私はあきらかに変わってきていると最近とても感じています。



より素敵な女性を目指して、、、

これからもよろしくお願いします。



PS. ヨーガセラピストよりメッセージ

「何かわかりやすい変化が目に見えてあるわけじゃない」

よくわかりましたね、その通りです。

なぜなら、物事はいつもわかりやすくやってくるより、

結果になってしまってから自覚しますよね?

ですから、結果になって目に見えてるそこではなく、結果になる前の見えない部分に作用しているから実感がないだけなのです。

効いてないわけではないのです。

安心して下さい。

その証拠が、「私は最近、あきらかに変わってきている」と静かに感じていらっしゃることです。



実際、変化というものは何か稲妻のようなものが射して、一瞬で激変することではないからです。

急激に変わり、変わった!と有頂天に喜べるものほど、戻りも早く一瞬の感覚の変化なのです。


ゆっくりした歩みがなぜ必要なのでしょう?

変化していく状態に合わせ、精神的にも変わっていく必要があるからです。


見かけだけ変化しても、中身がついてきてないと、外見と内側がアンバランスになり、それがきっかけとなりまたバランスを崩していくからです。



今変化していく貴重な時期ほど、自分の生き方を見つめなおせるチャンスです。

精神的に成長していける生き方の本を読みましょう。

良書にたくさん触れて下さい。

心を育てていくことができます。

充電の時こそ、日常が回り始めたら出来なくなることをじっくりやってみて下さい。




セラピーヨーガは、何か特別な疾患のある方に限りません。

交感神経優位の状態を鎮め、

心と体の連携システムを正常にすることが必要な

全ての方に必要なプログラムです。


心は一生ついてまわるものです。

心が病を生み出します。

そして、人生を形にしていく原型です。

大切にしていきましょう。


コメント

このブログの人気の投稿

「人を癒す仕事」やりたくなったら、辞めたくなったら読んで下さい

出会いの季節6月のレッスンスケジュール

感情の浮き沈みが激しい自分が嫌になった時のヨーガ