2014年の終わりに光を見て

今秋、1年半ぶりにインドを訪れました。ヨーガの聖地とかつて言われたリシケシに、1ヶ月滞在してきました。


滞在中、私は「なぜここに来たのだろう?」ガンジス川を目前に、何度も自問しました。


ガンジス河は相変わらず流れ、私はそれをただ眺め。

声無きものの存在以外に、私の問いに答えをくれる人はなく、疑問を抱えたまま帰国してきました。


2014年が終わる今、私はその答えを得たように思います。


人間は、不可視のものに興味を抱く傾向があります。好奇心や怖いもの見たさ、悪戯心から心霊現象、スピリチュアル、宇宙人、ヒーリングといったことに興味を示す人もいます。


そうした大衆的価値観を触発するかのように、情報の世界には、スピリチュアルな情報が氾濫しています。

でも、その中のどれを何を、誰を信じたらいいのでしょうか?


現代ヨーガも、まさにその氾濫の真っ只中です。


私たちは、正と不正、光と闇、そうした二極から学んでいくのですから、氾濫してしまうのも不正が出るのも仕方ないことです。


リシケシは、小さな町のほぼ全域がヨーガ教室。ヨーガの観光地です。その教室のいずれもが、短期集中型のTTCを開催していました。


朝、屋上で洗濯物を干していると、先生にいやいやポーズの練習をさせられているTTC受講生がよく見えたものです。


かと思えば、夜は夜で特殊な瞑想の手法である叫び声が響き渡る中、耳せんで過ごしたこともありました。


その特殊な瞑想による雄叫びは、TTCのカリキュラムの一環だそうです。


小さな町のカフェは、TTCの受講生たちでどちらもいっぱいです。生徒たちは、短期集中型のカリキュラムに追われています。授業の合間にポーズを練習している光景も、リシケシでは当たり前の風景になりました。


「インド人からでないとヨーガは学べないのか⁉︎」へそ曲がりかもしれませんが、そんな疑問が何度も頭をよぎりました。


日本人のお若い方々も、よくお見かけしました。カフェでだらしなくたむろしている光景を見る度、資格を与えるよりも、お若い方々にこうした態度を躾てくれる大人の先生が必要だと思いました。


何かが違うと感じずにはいられない光景の数々を、今回のインド滞在で見てきたことは、よかったと思っています。


リシケシに長く住む知人が、帰国間際にこう言いました。「昔のリシケシは違った。今のリシケシにはもうヨーガはない。若いヨーガティーチャーたちに、真のヨーガを教えられるわけがない。リシケシはどんどん変わってきている。Juna、時間を無駄にするな、君の大切なお金をここに捨ててはいけないよ」


来春リシケシで、毎年恒例のヨーガ・フェスティバルが開催されます。「こんなところへ行ってヨーガを学ぼうとするな」と。


本当のヨーガは、生き方なのです。生き方を通して、魂の性質を自分に現すことを生き方の中で実践していきます。


ポーズやその他諸々の行法は、プラクティカルなことです。そこにとどまっていてはならないのです。

この違いがわからないと、ポーズの練習に明け暮れていなければなりません。ポーズをいくらやっても、魂の成長には直につながらないことを理解する必要があるでしょう。


ポーズに固執しないように、ヨーガの全体像をつかめるようにヨーガを学んで下さい。

肉体を超えた魂の成長に向かうために、心の持ち方や生き方に目を向けていけるように。


クンダリニーが上がるとか、チャクラが開くとか、チャネリングができる、エネルギーが見える、ヒーリングできるなどと、不可視の力を安易にとらえるものではないことに気づいて下さる方が増えますように。


霊的成長の道だからこそ、危険も脱線も伴うことを冷静に判断して、正しい知識を持って誠実に歩んで下さい。


ヨーガは、癒しややすらぎそうした面ばかりではないのです。どんな世界においても、その裏面があることを知っておかないとならないと思います。

 
その証拠が、多くの方が陥っているヨーガに対する誤解や迷信、盲信です。


こうした状態に陥ってしまったら、正道に軌道修正して下さい。それでよいのです。たいていは、失敗から学ぶように世の中はできているのです。

ただ、注意しなければならないことは、間違いに気づかずに盲信し続けていることです。



最終的に、リシケシのヨーガ事情を見てきたことが、現代版ヨーガの光も闇も見てきた十数年の旅の総決算になりました。


ポーズのヨーガを人類は卒業する時です。意識を進化していくやり方にシフトしないと、この地球の進化に貢献できません。

ヨーガを本当に必要としている方々に届くように、正しくヨーガを普及する義務を請負っていることに気づいて下さい。


あなたの目の前に、身内が急に亡くなり、死に直面する準備もなく絶望しているお若い女性がいたとします。


短期集中型の養成講座で取得したヨーガの資格を手に、何をしてあげらるでしょうか?


TTCのカリキュラムの中に、死について、死生観や魂に触れるものはあったでしょうか?


なければ、学んで下さい。今からでも遅くはありません。 

あなたが努力して学んで下さることが、どなたかの明日を生きる力になるのです。

正しい知識を学び普及することは、魂に貢献することです。学びましょう。


死生観なくしてヨーガの先生がどう務まりましょう?精神世界のことはわからない、死を忌み嫌うヨーガの先生では、この役目は務まらないのです。


さぁ、2015年は心を改め、学びなおす時です。誤認と迷信に陥っている多くの魂を救うために。


迷いには正道を。

疑心には受容の心を。

攻撃心には愛を。

そして、すべてに感謝を。


コメント

このブログの人気の投稿

「人を癒す仕事」やりたくなったら、辞めたくなったら読んで下さい

10月のレッスンスケジュール

感情の浮き沈みが激しい自分が嫌になった時のヨーガ