心が変わるヨーガレッスンの基本

あなたもこの座法ができるようにご指導します。



姿勢は、心の状態をあらわします。
とくに、腰は人生の運気があらわれるところです。
つまり、体はその人をありのままに映す心の形なのです。


心を変えることは、誰もが苦労します。
しかし、体はそれより簡単です。
体と心はつながっています。
ですから、体を先に変えれば心が後からついてくる。
心が変わっていくのです。


体を整えれば、心は自然に整っていくもの。
ヨーガは心を高次元に対応できるように洗練させます。
所作を美しくしましょう。
心が美しくなります。


私のヨーガレッスンは、正しい姿勢からです。
正しい座り方や腕の上げ方、腰の立て方など、繊細にご指導します。
基本的な正しい所作を身につけておくと、心が整い、瞑想に入りやすくなるからです。



さて、下の画像は私の誘導で、生徒様が腕を挙げて下さっているところです。



腕を上げる時は、このように体の中から動かすことを意識します。
すると、普段は肩がつってしまって腕が上がりずらい方でも、すんなり上がります。
バストトップの位置も一緒に上向きになっているのがわかりますね。
これは、胸と拮抗している背中の筋肉をきちんと動かしているからです。










「肩甲骨から腕を上げましょう」



さらに、胸も開かれています。
胸のエネルギーがきちんと発動するので、気持ちが下向きにならなくなります。
胸が開いていると、愛情豊な女性らしさを発揮するようになるのです。









次の画像は、生徒様がご自分で安楽座をとって下さった姿勢です。
3年間、定期的にヨーガと瞑想を続けていらっしゃる生徒様です。
基本の姿勢もきちんと身についています。
ですが、ご自身はまだ何か不具合を感じると仰います。





下の画像は、私の誘導で坐骨を立たせることを意識して頂いてます。
座位の時は、重心を骨盤で支えます。
そのために、仙骨を立たせなければなりません。
重心の支えがないと、拠り所がなくなり、エネルギーが体内をさ迷いやすいのです。
これが不具合を感じる原因の一つとなっていたのでしょう。







さらに、ムドラーの扱い方も意識できるように誘導しています。





「脚を組むところから意識してね」



瞑想する時に構える手の指の形です。
この形一つで、エネルギーの流れが変わります。
繊細に扱う道具の一つです。

デリー空港にあるムドラーのオブジェ


正しい体の使い方、意識のもちい方を習得された後の生徒様の姿勢です。
上の画像と比べると、骨盤の開いた方向に脚の付け根から開かれています。
骨盤が安定して仙骨が立ち、背骨が無理なくまっすぐです。
見ているだけで、こちらまで凛としてきますね。





生徒様のご感想です。
「今回参加させていただいた練習会では、通常のレッスンで気になっていた身体の使い方、「本当に自分の姿勢ややり方はこれで合っているのかな?」と思っていたことを、細かく教えてくださり、とても勉強になりました。

いつも先生にご指摘いただいていた自分の姿勢の癖(前かがみ気味)がなぜそうなるのか、微細な身体の動きに意識を重ね、練習会が終わる頃にはそのやり方が最初よりも身に付いた気がします。

ただ、これも無意識に生活していてはすぐに崩れてしまいます。正しい姿勢や身体の使い方を知ること、そして日々意識に意識を重ねることがいかに大切なことかとても実感しました。癖はすぐに直るものではありませんが、ひたすら意識して訓練していきます」



心は変わります。
洗練させて美しく使いこなしていくものです。
私のヨーガ指導は、心が変わり意識が高まるヨーガをご指導しております。
いつもどうもありがとうございます。








コメント

このブログの人気の投稿

「人を癒す仕事」やりたくなったら、辞めたくなったら読んで下さい

8月のレッスンスケジュール

感情の浮き沈みが激しい自分が嫌になった時のヨーガ